振袖の柄って何種類くらいあるの?柄が意味することとは?

振袖にはさまざまな柄が描かれていますが、その意味をご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか?
柄を見た目の好みで選ぶのはもちろんですが、柄の意味を知ったうえで振袖を選べると、より一層特別な1着になること間違いなしです。
今回は、振袖の花柄に込められた意味と、TPOにあった柄の選び方についてご紹介します。

□振袖の柄に込められている意味とは?

振袖に描かれているそれぞれの花柄の意味を詳しく見ていきましょう。

○桜

和テイストの花柄の振袖は着用する人を華やかに、かつ上品に見せてくれます。
和テイストの花柄のなかでも、振袖に描かれる柄として最も多く、1番の人気を誇っている花柄は「桜」です。
日本を象徴する国花であり、生命が息吹く春の訪れとともに開花することから、豊かさや繁栄を意味すると言われています。
また、桜は縁起の良いことの始まりを象徴する花だとされています。

○牡丹

同じく縁起が良いとされる花柄の1つは「牡丹」です。
昔から「富貴」「豪華」「幸福」の象徴とされていて、何重にも重なった花弁が重なって咲く見た目は、振袖を一層華やかに見せてくれるでしょう。
牡丹のつぼみは一般的な花のつぼみよりも小さめなので、「これからの成長を予感させる」という意味が込められていると言われていて、成長を祝う成人式の場にふさわしい柄と言えるかもしれませんね。

○椿

先ほどご紹介した牡丹は平安時代から衣装の文様として用いられている花ですが、同じく平安時代から用いられていた花に「椿」があります。
椿には「気取らない美しさ」「永遠の美」という意味があり、貴族の間では高貴な花として扱われていました。
生命力が強いので、「厄除け」としての意味も込められています。

○手まり

高貴なイメージと違って、色の華やかさ、愛らしい形で人気がある花柄は「手まり」です。
まるい形をした花柄なので、「万事がまるく収まるように」という願いが込められている花です。
また、魔よけの意味も込められていると言われています。
和テイストの花柄と違って、洋テイストの花柄はモダンの雰囲気を醸し出します。

○ユリ

洋風の振袖でよく使われる花柄の1つに「ユリ」があります。
大きく華やかなユリの花は、凛とした上品さを感じられるでしょう。
大人っぽさを演出したい方にはオススメです。

○バラ

また、西洋花である「バラ」もユリと同じく人気を誇っている柄です。
バラの花は色によって花言葉が異なることをご存知でしょうか?
赤色は「愛・情熱」、青色は「奇跡、夢が叶う」、白色は「清純・尊敬」、ピンク色は「上品」、黄色は「可憐・情熱」を意味します。
色彩が豊かで華やかなバラは、色や描き方によって可憐にもゴージャスにも魅せられます。
いろいろな表情を持つところがバラ柄の振袖の魅力と言えるでしょう。

○鶴

ここまで花柄の振袖についてご紹介してきましたが、振袖の柄でよく使われる鶴の柄についてご紹介します。

鶴はおめでたい席に着る着物の柄に欠かせない吉祥文様の1つで、鶴の柄の振袖は婚礼衣装として着用されることが多いです。

鶴には、おめでたい意味が3つ込められています。
「鶴は千年、亀は万年」のことわざからもわかるように、鶴は「長寿」の象徴です。
また、鳴き声が高く良く通ることから、「天と地をつなぐ存在」だとされていました。
人間と神様をつなぐ神聖な鳥だったのです。
さらに、鶴はつがいになると生涯相手を変えないと言われているため、「夫婦円満」の意味が込められるようになり、結婚式でよく使われるとされています。
こうした意味が込められている鶴は、亀や松竹梅といった他のおめでたい柄と組み合わせて使われることが多いので、実際に見てみると趣深いかもしれません。

□Maiでは豊富なデザインから振袖が選べます!

振袖の柄は実にさまざまなので、好みの柄を見つけるのも一苦労かもしれませんが、それが振袖選びの醍醐味とも言えるでしょう。
Maiでは、4000の衣装のなかから選ぶことができ、圧倒的に多くの振袖を取り揃えております。
同じ花柄でもデザインが異なるので、お客様の好みに細かく合わせられます。
「振袖選びが他の人よりも遅くなったから、好みの柄がないかもしれない!」と心配な方もいらっしゃるかもしれません。
Maiであれば、多数の衣装を揃えているので、周りより振袖選びが遅れてたとしてもたくさんの振袖から選んでいただけます。
再来年の振袖を早くから予約される方のなかには、好みが変わってしまう方もいるでしょう。
Maiでは、あらかじめ振袖を予約されていた方に向けて、新作の展示会が優先的に開催されるため、その時の好みに合わせて選び直しができます。
振袖の選び直し自体に費用はかからないので、早く予約して好みが変わっても、流行に合わせることができます。

□まとめ

今回は振袖に描かれている柄に込められて意味についてご紹介しました。
それぞれの柄の意味を知れば、振袖選びが一層楽しくなることでしょう。
Maiは、東海地区最大級の品揃えがあり、人気ブランドの振袖もご用意していております。
お客様の特別な1日を彩る振袖選びのお手伝いをさせていただきます。

ホームページでもセット内容を載せていますので、ぜひ参考にしてみてください。
https://furisode.mai-jp.net/furisode/

成人式の振袖はレンタルする場合いつのタイミングで予約すべき?

「素敵な振袖を着て成人式を一生に一度の思い出にしたい!」
「ただ、いつから準備を始めれば良いのかよくわからない。。。」

振袖をレンタルする場合、どれくらいのスケジュールで準備を進めればいいのかわからない方も多いですよね。
今回は、成人式の振袖をレンタルするタイミングについて解説します。

□振袖予約のピークは1月!?

成人式の振袖レンタル予約のピークがいつなのかご存知でしょうか?
地域や店舗によって差はありますが、多くのお店では、振袖レンタルの予約は1月がピークです。

テレビのニュースで成人式の様子が放送されることも理由かもしれませんね。
成人式後は、その年に活躍したレンタル振袖が一斉に返却されるので、振袖の品揃えの数が豊富です。
このタイミングで、人気の振袖をレンタルしようと予約が殺到してしまいます。

□1月には新作が発表されにくい?

振袖をレンタルされる方のなかには、だれも袖を通したことがない新作のものを希望する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一度活躍した振袖が戻ってきて振袖の品揃えが最も多いのは1月ですが、返却された振袖を求める方で店頭がにぎわっているため、1月に新作の発表をする振袖屋さんは少ないと言われています。
新作の振袖を発表するタイミングは決まっているわけではなく、新作の発表は時期や新作の量はお店によって異なります。

新作の振袖はいつ出るのかわからないので、カタログやネットで情報をしっかり集めることが大切です。
そのために、色々なお店のサイトを見て、カタログを申請することをおすすめします。
色々なお店のカタログを申請すると、新作が出るたびにお知らせのチラシが届く場合が多いので、最新の情報が手に入ります。

振袖は一点ものが多いので、振袖選びはまさに出会いです。
ただ、自分の理想の1着がどのお店にあり、どの時期に店頭に出されているのかわからないものです。
最高の1枚と巡り合うには、情報を収集するだけでなく、家の近くのお店や信頼できるお店に足を運んでみることが大切と言えます。
お店に足を運ぶ行動力、ピンときた1着を選ぶ決断力が最高の1着を見つけるのに必要かもしれませんね。

□成人式の振袖準備は2年前からがベスト!

一生の思い出を飾る成人式ですから、自分が納得のいく1着を見つけたいですよね。
運命の1着に出会うためには、2年前から準備を始めることをおすすめします。
タイミングとしては、高校3年生の受験後に始めるのがベストです。
「そんなに早くから?」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、振袖選びは意外と時間がかかるので、理想の1着を見つけるには余裕を持って準備を始めることが大切です。

色々なお店の振袖のHPから情報収集をして、自分の理想のイメージに近いものを見つけましょう。
この際、実際に色々な店舗に足を運んで試着することも大切です。
実際に着てみると、HP上で見て想像していたものとはイメージが違う場合があります。
また、自分の好みの振袖が似合うかどうかも試着しないとわからないものです。
想像していた色とは全然違う色が自分に似合うとわかることもかなりあります。
振袖が自分の顔に映えるかどうかも着てみてはじめてわかるので、多くの衣装から実際に試着してみて必ず確認しましょう。

□具体的なスケジュール

・成人式2年前:情報収集開始

まず成人式の2年前、つまり高校3年生の1月頃から情報収集を開始しましょう。
受験がある方は受験後のタイミングの方が落ち着いて振袖選びができますね。
カタログやwebサイトで気になる振袖をチェックしましょう。

・成人式1年半前:振袖レンタル申し込み

1年半前のタイミングで実際に振袖レンタルの申し込みを完了しましょう。
小物類のレンタルも同時に済ませておくことがオススメです。

・成人式前年の4月以降:前撮り実施

成人式前に前撮り撮影をする予定の方もいらっしゃいますよね。
事前の写真撮影は成人式の前年の4月から12月にかけて行われます。そのため、4月までには振袖を用意する必要があります。

また、仕立て上がりの振袖をレンタルする方もいらっしゃるかもしれません。
振袖を仕立てる場合は約3ヶ月の期間が必要なので、振袖選びや前撮り撮影の期間を踏まえると、早くからの準備が大切です。

このように、成人式を迎えるまでには多くの準備が必要です。
そのため、一連の流れを踏まえて余裕を持って準備期間を設けましょう。

□予約した振袖は後から変更できるの?

振袖選びを早くから始めるメリットとして、より多くの衣装から選べることがあげられます。
早くから振袖選びを始めるほど選択肢が多いので、妥協することなく理想のものを選べます。

ただ、「2年前から予約して成人式までに好みが変わったらどうしよう」と不安に感じる方もいらっしゃいますよね。たしかに2年前のタイミングから気持ちが変わってしまったり、新たに新作が出てくることも多いです。

Maiでは、2年前に予約していただいた方に限定して新作の展示会を実施しており、予約した振袖の見直しと選び直しができます。
新作を含めて選び直せる機会があるので、好みが変わったとしても変更ができるので安心です。
選び直しの際に追加の費用もかからないので、2年前からでも気軽に予約できます。
Maiでは、4000着ほどの振袖からお選びいただけるので、予約が遅れた方もご安心ください。

□まとめ

振袖レンタルの準備を始めるタイミングについておわかりいただけたでしょうか?
素敵な振袖を見つけるために、ぜひこの記事をお役立てください。
Maiでは、東海地区最多の4000着の振袖を取り揃えております。
一生に一度の成人式を飾る運命の1着を見つけるお手伝いをさせていただきます。
ホームページでもセット内容を載せていますので、ぜひ参考にしてみてください。
https://furisode.mai-jp.net/furisode/

成人式の振袖はレンタル?それとも購入?

一生に一度の成人式で素敵な振袖を着ることを楽しみにしている方が多いですよね。
ただ、成人式の振袖をレンタルするか、それとも振袖を購入するか迷われる方がいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、振袖をレンタルするメリットと振袖を購入するメリットをそれぞれ解説します。
ぜひ振袖選びの参考にしてみてください。

□振袖をレンタルするメリットとは?

振袖をレンタルするメリットは、大きく4つ挙げられます。

①予算を抑えられる

一般的に、振袖を購入する場合はレンタルする場合に比べて2~3倍のお金が必要になると言われています。
選ぶ着物のグレードにもよりますが、振袖を購入する場合は、着物以外に草履やバッグ、帯留め、ショール、足袋、草履など小物一式も揃える必要があるので、レンタルするよりも予算がかかると言えるでしょう。

②アフターケアの必要がない

レンタルの場合は、振袖を着た後にアフターケアをする必要がありません。購入した場合だと使用した後にクリーニングが必須で、適切な保管方法で保存していないと、20年後友人の結婚式などで着る際に虫食いが出てしまうこともあります。一方レンタルの場合は、定められた期日までお店に返却すれば良いのでとても気軽と言えます。

③保管場所も心配なし

振袖をレンタルしたら、着用後にお店に返却するだけです。
振袖は非常にデリケートな着物であるので、購入した場合は、保管場所をきちんと設ける必要があります。
お手入れや保管方法を間違えてしまうと、せっかくの振袖がだめになってしまうこともあります。
振袖の収納として一番適しているのが桐のたんすと言われていますが、桐のたんすはかなり値が張るものなので、振袖と同時に購入する場合は予算もかなりかかってしまいます。
そのため、個人で保管まで行うことは難しいので、必要な時に綺麗な衣装を着るレンタルがおすすめです。

④機会ごとに違う着物を着られる

成人式だけではなく、友人の結婚式や大学の卒業式でも振袖を着る機会があります。
レンタルの場合、成人式とはまた別の色や柄の振袖を楽しめるのが魅力でしょう。
購入だと同じ振袖しか着れませんが、レンタルの場合は、結婚式や卒業式で別の振袖を選ぶことができます。
Maiでは、振袖をレンタルされた方に2回目以降何回レンタルしても無料になる特典をお付けしています(お手入れ料は実費となります)。
購入して1着の振袖を使い続ける場合と違って、好みが変わってしまった場合にも対応できて、その都度一番好きな1着を着られることがポイントと言えます。

□振袖を購入するメリットとは?

①サイズがピッタリの振袖が手に入る

振袖を購入すると、あなたのために仕立てられた世界に1着の着物を着られます。
自分の身丈に合わせて仕立てられるので、着姿が非常に美しいと言えるでしょう。

②何度でも楽しめる

購入した振袖は、着たいときに何度でも楽しめるのもメリットの1つです。
自分のものとして一生着られるだけでなく、妹やいとこで着回せたり、将来の子供に受け継がれて着られたり、何度でも楽しめます。
3回以上着るとレンタルよりも割安になるので、何度も活用すればレンタルよりも費用は安く抑えられると言えるでしょう。
振袖を着る機会が複数回ある方は、購入を考えてみるのも良いかもしれませんね。
また、購入した振袖は形に残るものなので、ご自身の一生の思い出にもなります。
お嬢様の成人になる晴れ舞台を祝って、お母さまやお祖母様の振袖を贈られるケースも多く、将来、子供や孫の代まで受け継がれる大事な1着になるのも魅力の1つと言えるでしょう。

□レンタルでもみんなと同じは嫌だ!

ここまで、振袖をレンタルするメリットと振袖を購入するメリットについて解説しました。
振袖をレンタルされる方のなかでも、「周りより特別感が欲しい!」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、振袖の色や柄だけでなく、ショールで周りの人と差をつけられることをご存知でしょうか?
成人式では、ショールを着たままで写真を撮るタイミングが多々あります。
ショールは成人式以外ではあまり使用する機会がないので、成人式を象徴するものだとも言えます。

Maiでは、水鳥羽毛を使用したショールやSAGA FOXのショールをレンタルできます。
特に、SAGA FOXのショールはデンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランドで生産される最高級の品質を保証するブランドで、4ヶ国の毛皮生産者団体の厳格な品質検査に合格したものに与えられるブランドネームです。
最高級品質のSAGA FOXのショールを身にまとえば、より華やかな晴れ姿になること間違いなしでしょう。

レンタル振袖でも「みんなと同じは嫌だ!」と考えている方は、ショールのようなアイテムで周りの人と差をつけてみるのはいかがでしょうか?

□まとめ

今回は、振袖レンタルと振袖購入のメリットについて解説しました。
それぞれのメリットを踏まえて、振袖選びに役立ててくだされば嬉しいです。
Maiでは、新作・人気ブランドから古典柄まで、10店舗で4,000着の品揃えがあります。
お客様が探し求めている理想の1枚にきっと出会えることでしょう。
振袖レンタルの内容については、別ページに詳しく載せていますので、参考にしてみてください。
https://furisode.mai-jp.net/furisode/

成人式の準備にはどれくらいかかるの?女性がかかる費用を紹介

一生に一度の成人式。
振袖選びから前撮り・成人式までワクワクするイベントが多い一方で、どれくらい費用がかかるのか不明瞭な部分も多いですよね。

今回は、女性が成人式の準備にどれくらいの費用がかかるのかについて解説します。
来年再来年に成人式を控えている方はぜひ参考にしてみてください。

□女性が成人式の準備にかかる費用はどれくらい?

女性の場合、成人式にかかる費用は振袖だけでなく、前撮りやアルバムの費用、当日の着付け・ヘアメイクといったようにさまざま費用がかかることをご存知ですか?

○振袖・小物の相場

振袖にかかる費用は購入するかレンタルするかによって異なり、さらに、選ぶ振袖のグレードによっても個人差があります。
振袖を着る場合は着物だけでなく、足袋や草履、バックや髪飾りといった小物の費用も含めて考える必要があります。

おおよその相場感は次の通りです。

【振袖・小物の相場】
・購入→30万円〜100万円
・レンタル→10~30万円

レンタルされる場合でも、未仕立て品やグレードの高いものをレンタルすると高級感が生まれます。

○写真撮影・ヘアメイクの相場

振袖を決めたら、写真撮影と当日の着付け・ヘアメイクを決める必要があります。
写真撮影や成人式の当日の着付け・ヘアメイクの費用も着物と別途でかかります。

【写真撮影の相場】
2~10万円
※アルバムの枚数等により変動します。

【ヘアメイクの相場】
2~5万円
※美容院・振袖専門店により変動します。

このように、振袖をレンタル・購入する場合は値が張りますが、成人式にそんなにお金をかけられない方や、成人式をそこまで重要視していない方もいらっしゃるかもしれません。
成人式にかかる費用の大半は衣装代なので、日頃から情報を収集して振袖をお得に手に入れられる振袖展示会などの機会を活用することをおすすめします。
数年前に流行したデザインの振袖が半額や70%オフで手に入ったり、期間限定や数量限定で格安で振袖が手に入ったりすることもあります。
成人式にかかる費用を少しでも安く抑えたい方は、お下がりの振袖を着るか、振袖を購入ではなくレンタルすることがおすすめです。
お母さんや親戚のお下がりを着用する場合はもちろん0円です。
振袖専門店でレンタルする場合は、振袖と小物がセットになっているフルセットプランがあるところや、前撮り撮影が無料でできるところを選ぶようにすると良いでしょう。
フルセットのプランでは、想像以上にお金がかかるような事態にならないので、安心して予算にあう振袖を選べるでしょう。

□成人式にかかる費用は男女でどれだけ違うのか?

成人式の参加費は無料であるものの、男性と女性では、成人式の準備にかかる費用が大きく異なります。
一般的に成人式に参加する女性の多くは振袖を着用し、男性の多くはスーツを着用します。
成人式の晴れ着として振袖を購入・レンタルする場合は、上で説明した通り、かなり費用がかかります。
一方で男性の場合は、大学の入学式や高校の卒業式で着用することが多く、すでにスーツを持っている方が多いので、基本的に成人式の準備費用は0円と考えても良いでしょう。
スーツを持っていなかった場合、スーツの購入費用として平均的に約2~10万円かかります。
ただ、スーツを着用する場面は非常に多くあるので、スーツ代の出費を着用回数に換算すると1回あたりかかる費用は女性と比べると非常に少ないと言えます。
袴を着用する方もいらっしゃいますが、袴をレンタルされる場合の平均的な相場は約3~5万円、購入される場合は約10~20万円とされています。
このように男性の場合は、スーツを着るにしろ袴を着るにしろ、女性の方が圧倒的に成人式にかかる費用が高いことがわかるでしょう。

□振袖の前撮りが無料!?

振袖Maiのレンタルは、振袖のレンタルが初めての方でも安心してご利用いただける「25点フルセット」のプランをご用意しております。
ショールや草履、バッグといった着付けに必要な小物や付属品をすべてセットでご提供しているので、予算を立てる際にも非常に便利です。
また、振袖をレンタルしてくださった方には特典として、前撮り衣装撮影を無料でご利用いただけます。
成人式の撮影に必要なものがすべてそろっていて、前撮り時の着付け・ヘアメイクも無料なので、手ぶらで気軽にご来店ください。
プロのカメラマンが撮影を担当し、写真撮影が苦手な方もサポートいたしますので、安心してご利用いただけます。
せっかくの晴れ着姿を家族の思い出にしたいと考える方のために、Maiではご家族での撮影も承っておりますので、ご家族での思い出を残したい方にもおすすめです。

□まとめ

今回は成人式の準備にかかる費用について解説しました。
Maiではわかりやすいフルセットのプランをご用意しております。
また、振袖レンタルをご契約いただいた方には18大特典をご用意しております。
興味を持たれた方はぜひ一度Maiのホームページをご覧ください。
https://furisode.mai-jp.net/furisode/