ウエディングドレス着用時の前髪にお悩みの方へ?アレンジ例をご紹介!

運命のウェディングドレスが決まったら、次はどんなヘアスタイルにするか迷いますよね。

今回は、結婚式に似合うおすすめのヘアスタイルについて、前髪の有無で分けてご紹介します。
併せて、ヘアドレス(アクセサリー)についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

□前髪ありのヘアアレンジをご紹介

前髪がある花嫁さまには、どのような髪型がウェディングドレスに似合うのでしょうか。
前髪のある人気のヘアアレンジをご紹介します。

1つ目は、ゆるふわ巻き髪のシニヨンヘアです。

シニヨンヘアとは、髪を束ねたまとめ髪全般を指します。
分かりやすい例だと、お団子ヘアもこれに含まれます。

特にウェディングドレスに似合うのは、ゆるふわ感をだしたシニヨンヘアです。
全体的にウェーブをほどこし、前髪もふんわりと巻きます。

ゆるふわにアレンジしたヘアスタイルは、こなれ感もあり、花嫁さまのやわらかさを際立ててくれるでしょう。
特に、温かい雰囲気である刺繍ドレスによく似合うでしょう。

2つ目は、サイドに流したヘアスタイルです。

ロングスリーブのウェディングドレスなど、スレンダーな細身のシルエットには、大人っぽい髪型がおすすめです。
特に、前髪をサイドに流したヘアスタイルがおすすめです。
ローポニーにすることで、全体的にすっきりした印象となり、大人っぽく仕上がります。

3つ目は、くるんと巻いた眉上前髪×アップヘアです。

前髪を内側にくるんと巻き、アップヘアのスタイルにすることで、優しくかわいらしい雰囲気になります。
ティアラも似合う髪型ですし、オフショルダーのウェディングドレスにもピッタリでしょう。

4つ目は、ぱっつん前髪×編みおろしです。

この髪型はレースのドレスにおすすめです。
編みおろしスタイルは上品かつ華やかな雰囲気を演出できます。
ナチュラルな印象もあるレースのドレスによく似合うでしょう。

□前髪なしのヘアアレンジをご紹介

続いて、前髪のない花嫁さまに最適なヘアアレンジをご紹介します。

1つ目は、かきあげ前髪スタイルです。

前髪を根元から立ち上げたかきあげ前髪。
工夫次第で、前髪の長さに関わらずセットできます。
大人っぽくゴージャスな雰囲気にできるだけでなく、色っぽさも出せます。
マーメイドドレスやスレンダーラインのドレスと相性が良いでしょう。

2つ目は、オールバックです。

おでこをしっかり出したオールバックは、和装なら高貴な雰囲気、ドレスなら上品な雰囲気を醸し出せます。
強い印象になってしまうことが心配な方は、トップをふんわりと高くすることで、大人かわいい柔らかな印象にできます。

3つ目は、チークバングです。

チークバングとは、頬まで長さのある前髪のことです。
ほどよく長さがあり、存在感のある前髪がおしゃれに見せてくれます。
色っぽさも演出できるので、どんなウェディングドレスにも似合うでしょう。
前髪がそこまで長くないという方でも、しっかりセットできるのでおすすめです。

□髪型を華やかにするヘッドドレスをご紹介

いろいろなヘアスタイルを紹介してきました。
たくさんの種類がありますので、ドレスやご自身の顔立ちに似合ったものを選びましょう。
また、綺麗に見せる工夫は、ドレス・ヘアスタイルだけではありません。
顔周りを一層華やかにするヘッドドレス(アクセサリー)についても見ていきましょう。

1つ目は、ティアラです。

ティアラは女性の正装用の髪飾りとして知られています。
「宝冠」を意味し、結婚式という特別な日につけることを、女性なら誰しも憧れたことがあるのではないでしょうか。
ビーズを使った小さめのものから、ジュエリーをあしらった豪華なものまで、たくさんの種類があります。
素敵なものが多いので、ティアラだけでも迷ってしまいそうです。

2つ目は、クラウンです。

名前の通り、王冠型のティアラです。
宝石をあしらったものもあり、お姫様気分になれるアイテムです。
実際に、イギリスのロイヤルウェディングでもよく用いられます。
プリンセスラインのウェディングドレスなど、ゴージャスな雰囲気のドレスにぴったりです。
シンプルなドレスの場合も、一層華やかに見せてくれます。

3つ目は、花冠です。

ファンタジーのような世界観の花冠は、ナチュラルな結婚式に最適なヘッドドレスです。
リングブーケとも呼ばれ、とてもかわいらしいですよね。
透け感のあるレースや、軽いシフォン素材を使ったシンプルなドレスに、とてもよく似合うでしょう。
花の色味や大きさや、輪のサイズによって種類もたくさんあります。
ドレスに最適な花冠を選びましょう。

□まとめ

今回は、ウェディングドレスに似合うヘアアレンジと、ヘアドレスについてご紹介しました。
当記事を参考に、数あるものの中からご自身に最適なものを見つけ、素敵な結婚式を実現してください。

また、フォトウェディングに関して何かお悩みのことがあれば、ぜひお気軽にMaiまでご連絡ください。

フォトウェディングは秋がおすすめ!その理由やどんな写真が撮れるかについて解説!

「フォトウェディングが秋におすすめな理由は何だろう。」
「秋に写真を撮るとどのような雰囲気の写真が撮れるのか知りたい。」
フォトウェディングを秋にすると、紅葉を生かした写真を撮られますよ。
この記事では、秋に撮影できる写真と紅葉シーズン、秋がおすすめな理由について詳しく解説します。

□秋に撮影できる写真とは

1つ目に紹介する写真スポットは紅葉です。
黄色や赤、オレンジ色に染まった秋の紅葉の中での写真は格別です。
秋の優しい日差しが感じられる写真を撮れますよ。
また、秋の紅葉は足元にも一面に落ち葉があり、紅葉のじゅうたんも素敵なため、写真が映えること間違いなしです。

2つ目は、コスモス畑です。
コスモスを漢字表記にすると、秋桜です。
その名の通り、コスモスは秋の花として有名です。
コスモスに囲まれた状態で写真を撮ると、紅葉とはひと味違う柔らかくて優しい雰囲気の写真を撮影できます。

3つ目は、ニューヨークのセントラルパークです。
秋のニューヨークは寒くて、気温が0度を下回ることもあります。
セントラルパークで秋の背景とともに撮影をすると、まるで映画のワンシーンのようなドラマチックな仕上がりになります。

4つ目は、落ち葉が広がる森の中です。
秋の森野の中で、ピクニックをしているような雰囲気の暖かい写真はいかがでしょうか。
大きな木の根元でくつろぎながら撮る写真はとても魅力的ですよ。

5つ目は、木漏れ日の下です。
秋は自然がとても美しい季節ですから、太陽の光をフル活用しましょう。
太陽の光がカラフルな葉に反射することで、それまでとは異なる神秘的な空間が広がります。
また、葉だけでなく、人間の影も映し出すため、地面に移るシルエットも上手に活用することをおすすめします。

6つ目は、紅葉に寝転がることです。
地面一面に広がった紅葉のじゅうたんを生かしましょう。
2人で手をつないで撮影する写真や、木の幹に寄りかかるようにした写真のように、様々な状況で撮影ができます。

この場合、衣装としては白いドレスがおすすめです。
ドレスの白と紅葉の黄色や赤色のコントラストがとても綺麗に見えますよ。

7つ目は、色鮮やかな和傘を持つことです。
和装の場合は、小物に紅葉の赤と同じような色の和傘を用意して紅葉の景色を背景にすることをおすすめします。
和傘の色は、他にも紫色や橙色のような秋を連想させるような色も素敵に写ります。

□紅葉シーズンは長い

紅葉というと、1から2週間程度しか楽しめなく、はかなくて貴重なイメージを抱く方が多いですよね。
しかし、最近は紅葉を楽しめるシーズンが長くなっているのです。
その年の気温にもよりますが、長いと10月中旬から12月中旬頃まで紅葉を楽しめる場合があります。

また、あなたがお住まいの地域によっても紅葉シーズンは異なることがあります。
つまり、あなたが住んでいる地域では紅葉シーズンが終わっていても、また紅葉が見られる地域が他にあるかもしれないのです。

「もう間に合わない。」
そう思ってしまっても諦めずに、他の地域で紅葉スポットを探してみましょう。

秋は気温が涼しくて撮影しやすいといえますし、秋の景色は他の季節にはない雰囲気や魅力があります。
そのため、紅葉を背景にフォトウエディングを撮影すると、秋ならではの写真を撮られるのです。
大人で落ち着いた秋に素敵な写真を撮って、結婚式の思い出をより深くしましょう。

□秋がおすすめな理由とは

理由は、気温です。
天候が安定している秋はウェディングフォトにおすすめの季節です。
過ごしやすい気温で暑さも和らいでいるため、外での撮影にぴったりです。

また、秋は比較的晴れている日が多いです。
そのため予定通りに撮影を進められることもおすすめの理由の1つです。
色鮮やかな秋の自然とともに撮影をした写真は、あなたにとっての一生の宝物になるでしょう。

秋の景色は、和装やドレスのどちらにも相性が良く、ドラマチックなウェディングフォトを楽しめます。
「汗をかいてしまって服が汚れてしまった。」
「寒すぎてなかなか撮影を楽しめない。」
このような事態を避けるためには、秋の撮影がおすすめです。
秋になると涼しくなり、汗ばむことが少なくなります。

汗で衣装が汚れる心配が無いため、和装での撮影もストレス無く行えます。
もちろん薄着での撮影も可能ですよ。
汗をかかないということは、メイクが崩れる心配をする必要もなくなります。

以上が、秋がおすすめである理由についてでした。
秋に撮影したいと感じたのではないでしょうか。
気候もちょうどよく季節も美しい秋は非常に魅力的ですね。

□まとめ

今回は、秋に撮影できる写真と紅葉シーズン、秋がおすすめな理由について詳しく解説しました。
紅葉を背景にするとドレスでも和装でもぴったりの写真を撮影できます。
また、気温が涼しいためストレスを感じることが少なく、服の汚れやメイクを気にする必要もなくなります。
ぜひこの記事をお役立てください。

結婚式を挙げない代わりに何をするの?詳しく解説します!

「結婚式を挙げない代わりにどのようなことをするべきだろうか。」
「結婚式を挙げない人はどれくらいいるのか知りたい。」
結婚式を挙げるべきかどうか悩みますよね。
この記事では、結婚式を挙げない人が増えている理由と式を挙げなくても食事会だけは行うべきである理由、結婚式の代わりにすることについて解説します。

□結婚式を挙げない人が増えている理由とは

最近では、結婚式をしない人が増えています、
20から30代のカップルのうち、結婚式・披露宴を行ったのはおよそ半分程度です。
つまり、およそ2組中1組のカップルが結婚式をしないという選択をしているのです。
これを知って、意外と少ないという感想を持った方は多いのではないのでしょうか。

結婚式をしなかった理由としては、資金がなかった、他のことにお金をかけたかった、注目を浴びることが恥ずかしい、そもそも結婚式に興味が無かった、などが挙げられます。
このように、金銭的な問題や妊娠、恥ずかしさを理由に結婚式をしない人が多いようです。

これまでは、結婚すると結婚式を挙げるということは当たり前の考えでしたが、今ではこれまでの当たり前にとらわれない結婚のスタイルが定着しつつあるようです。

□式を挙げなくても食事会だけは行うべきである理由とは

挙式や披露宴を行わない場合、入籍だけすれば良いと考えている方は多いのではないのでしょうか。

しかし、結婚式や披露宴を行わないケースでも、食事会を行うことをおすすめします。
その理由は、両家の親族がそろう機会を設けるためです。
相手の両親や兄弟、姉妹とは会う機会はありますが、それ以外の人達とはなかなか会う機会が無いですよね。
冠婚葬祭のタイミング以外ではほとんど会わないのではないでしょうか。
そのため、親族と顔を合わせるという意味でも、食事会を行うことをおすすめします。

もし誰かのお葬式のタイミングで初めて相手の親戚と会うことになれば、気まずい思いをしてしまいますよね。
こちら側に悪意がなかったとしても、親戚の中には、顔を合わせないことは失礼だと感じる方がいる可能性があります。

また、それだけでなく、その方との関係が悪くなってしまう恐れもあるのです。
食事会であれば、挙式や披露宴のように盛大に行う必要は無いため、たくさんの方から注目を浴びることはありませんし、費用も抑えられます。
このように、結婚式を挙げたくない理由のいくつかを解消しつつ、たくさんの親戚との顔合わせができるのです。
新郎新婦にとってもこのような会を設けることによって、夫婦になったという実感がわいてくることでしょう。

そして、食事会で心のこもったおもてなしができると、それまでにお世話になった両親や親族に対してしっかりと感謝の気持ちを表現できます。
引き出物のように立派なものがなくても、会に参加した人たちにギフトを手渡すことで、親戚の印象も良くなり、こちらからの感謝の気持ちもより伝わることでしょう。

□結婚式の代わりにすることとは

1つ目は、ウェディングドレスや着物を着て写真撮影をすることです。
ウェディングドレスはなんといっても女性の憧れですよね。
結婚式を挙げないケースでも、前撮りやフォトウエディングのサービスを使用することで写真に収められます。
多彩な背景セットによるスタジオ撮影を始め、外でのロケーション撮影など、様々なパターンでの撮影ができますよ。

また、季節によっても撮影できる景色が異なります。
春の桜や秋の紅葉をバックに撮る写真は格別ですし、背景としてとても美しいです。
桜や紅葉に対して、ドレスや着物など、どのような服装を合わせるのかも考えているとわくわくしてきますよね。
このように、自分の好きな季節で好きな服を着て記念に写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

2つ目は、2人だけで結婚式を挙げることです。
先ほど挙げた結婚式を挙げない理由には、資金不足や恥ずかしいという理由がありましたが、これらの問題を解決できます。
2人だけの結婚式だと、誰にも気を遣わずに最小限の資金で結婚式を挙げられます。

3つ目は両親に感謝の思いを伝えることです。
結婚式は恥ずかしくて開催はしたくなくても、これまで育ててくれた両親に対して感謝の思いは伝えたいですよね。
このような場合は、両親に向けて特別な贈り物をすることをおすすめします。

おすすめの贈り物は、3連時計です。
一枚の板から作られた3つの時計を、カップルと両家で分かち合うことによって、3つの家族の絆を表現します。
せっかくの記念ですから、オーダーメイドで作成することもおすすめです。

□まとめ

結婚式を挙げない人が増えている理由と式を挙げなくても食事会だけは行うべきである理由、結婚式の代わりにすることを解説しました。
結婚式や披露宴を行わないカップルはおよそ半分程度で、資金不足や恥ずかしさが理由として挙げられます。
結婚式をしない場合は、食事会やドレスを着ての記念撮影を行いましょう。

フォトウェディングは入籍前と結婚式後どちらがおすすめ?それぞれのメリットを解説!

「フォトウェディングは入籍前と後のどちらが良いのだろう。」
「前撮りをするときのタイミングはいつが良いのか知りたい。」
写真撮影をどのような時期にするべきなのか迷いますよね。
この記事では、前撮りをするときのおすすめタイミングと前撮りがおすすめな理由、結婚式の後に写真を撮ることのメリットを解説します。

□前撮りをするときのおすすめのタイミングとは

前撮りの場合は、フォトウェディングと同じように、スタジオ撮影とロケーション撮影があります。
どのような写真を撮りたいのかを事前に決めて、撮影日を調節しましょう。
前撮りの写真を結婚式で使用したい時は、注意点があります。
それは結婚式から逆算して余裕を持って撮影日を計画することです。

撮影後、データが届くまでにはおおよそ2から3週間かかります。
そのため、結婚式までにアイテムを作る時間も考えると、しっかりと余裕を持った計画を立てることをおすすめします。

また、枚数が多いときや、修正が必要なケースでは、1ヶ月以上かかることもあります。
そのため、前撮りを予約する場合は、余裕を持った日程にするだけでなく、
「この日までに写真のデータをもらいたい。」
というように、プランナーやフォトグラファーに必ず確認をとるようにしましょう。

□前撮りがおすすめな理由とは

1つ目の理由は、入籍報告に撮影した写真を使えることです。
SNSなどで知人や友人に入籍の報告をする時に、前撮りの写真を添えると素敵ですよね。
知人や友人にとっても、入籍したことが一目でわかります。
季節の便りのついでに入籍報告をしたい方も、同じ理由で入籍前の撮影をおすすめします。

2つ目の理由は、親族に喜ばれるからです。
結納や入籍の広告の時に、前撮りした写真をアルバムにして持参しましょう。
初対面の両家の親族たちが集まっていて緊張感のある雰囲気であっても、盛り上がること間違いなしです。
写真を見ることで結婚する実感がより湧きますよね。

大切や息子・娘の晴れ姿は成人式以来に見る、というご両親もいらっしゃるのでしょう。
結婚式までには素敵な姿を見せたくないとお考えの方もいらっしゃると思いますが、報告時に成長した姿を見せて、親族の方たちを喜ばせるのも素敵なことですね。

3つ目は、結婚式に持ち込みたいものをはっきりと決められるからです。
日本の結婚式では、ほとんどの場合、どの会場で結婚式をするのかというように、場所から決めることが多いです。
そのケースでは、着たいドレスや部屋メイク、フォトグラファーの持ち込みができない場合があるのです。
また、持ち込み可能だと話が進んでいたはずが、実際は持ち込み自体に条件があることもあります。

結婚式の準備は一生に1度しかありません。
結婚式の準備は慣れていないため、準備を進めていくにつれて、これまでは分からなかったけどこういうことにこだわりたいと思う方もいらっしゃいます。

せっかくの結婚式ですから、後悔なく結婚式の準備をしたいですよね。
「もっと結婚式について前もってたくさん勉強しておけば良かった。」
このような後悔は防ぎたいものです。
また、結婚式で自分にとって大切にしたいものは何なのか、前もって知っておきたいものです。
そのような方には前撮りがおすすめです。

前撮りをすることで、こだわりたいポイントを知られる良いきっかけになります。
そして、こだわりたいことを知ると、結婚式場の契約前にそのアイテムの持ち込みができるかどうかを確認できるのです。
それ以外にも、前撮りには、好きなロケーションのベストシーズンを選んで撮影できるというメリットもあります。

□結婚式の後に写真を撮ることのメリットとは

1つ目は納得できる写真撮影ができることです。
結婚式では、どれだけ入念に準備をしても、当日がバタバタして忙しくなることが多く、結果として納得できる写真を撮れないケースが多いです。

そのような悩みを解決するために、結婚式後の写真撮影をおすすめします。
好みのシチュエーションにメイクをし、結婚式では着られなかった衣装を着て、時間を気にすることなく、満足できる写真を撮りましょう。

2つ目は一生の思い出として残せることです。
結婚の記念は一生もののため、1番美しい瞬間を残しておきたいですよね。
結婚式をすると、「このような髪型や服装で撮影をしたかったができなかった。」
となってしまうケースがあります。

このように、結婚式を挙げることで新しく要望が出てくることがあるのです。
そのため、結婚式後に撮影をすることで、それらの要望を叶えられるだけでなく、撮影した写真をじっくり選べます。
結婚式当日とはまた違った雰囲気の写真を思い出として残しましょう。

□まとめ

今回は、前撮りをするときのおすすめタイミングと前撮りがおすすめな理由、結婚式の後に写真を撮ることのメリットについて詳しく解説しました。
フォトウェディングを入籍前にすると、入籍報告時に撮影した写真を利用できます。
また、結婚式後ではより納得できる写真が撮れます。
ぜひお役立てください。

写真写りを良くする方法とは?コツやポイントを解説します!

「写真写りを良くする方法はあるのだろうか。」
「撮影の時のアドバイスや注意点を教えてほしい。」
写真撮影をするときはできるだけ自然な笑顔で撮影したいですよね。
この記事では、写真写りを良くするコツとアドバイス、押さえておきたいポイントについて詳しく解説します。
納得できる写真を撮れない方は参考にしてください。

□写真写りを良くするコツとは

「写真を撮る時、どうしてもぎこちない笑顔になってしまう。」
「いつも写真写りが悪いと言われる。」
このようなお悩みはありませんか。
これらのお悩みを解決し、写真写りを良くしたいですよね。

自然な笑顔を作るときのコツは、写真を撮るときに
「ウイスキー」。ということです。
それによって口角が上がって自然と笑顔になります。
そして、その間に写真を撮影してもらいましょう。

良く写真を撮るときには、「ハイ、チーズ。」といいますよね。
この台詞を言っても口角が上がることはないため、写真撮影の時は注意しましょう。

写真撮影の時の注意点は、顎を引かないことです。
写真撮影をするときには顎を引いた状態で撮影すると良いと言われていますが、写真撮影の時に顎を引くことはおすすめしていません。
その理由は、二重顎になりやすいからです。

それだけでなく、上目遣いになることで目線もきつくなり、写真写りが悪くなってしまいます。
そのため、写真の写りを良くするためには、顎を5センチメートル程度前に出すことをおすすめします。
そうすることによって顎も周りの筋肉も前に引っ張られるため、二重顎になるリスクが減少します。

□撮影の際のアドバイスとは

1つ目は、口元をほぐすことです。
写真を撮る前に唇をとがらせて、「うー。」「いー。」という口の形を何度か繰り返しましょう。
そうすることで、口元の緊張がほぐれます。

写真を撮るときはどうしても緊張して表情が硬くなりがちですが、緩んだ表情の方が自然な笑顔を撮影できます。
また、撮影者と雑談をしながら撮影をすることでも自然と緊張がほぐれ、自然な写真を撮りやすくなります。

2つ目は、レンズから目線を外すことです。
また、自然光で撮影することをおすすめします。

その理由は、自然光が肌を1番綺麗に見せられるからです。
夏で日差しが強いときは、カーテンレース越しに撮影すると柔らかい光になります。
大きいカメラはレンズの奥を見ましょう。

3つ目は、利き顔を理解することです。
利き顔とは、自分の顔が1番よく見える角度のことを意味します。例えば、髪の分け目のボリュームが多いほうや、左右の目の大きいほう、シャープな顎や高い鼻が自慢という方は横顔を見せるなど、あなたの顔のパーツの良いところを見せるような角度を探しましょう。
顔の特徴は人それぞれであるため、様々な角度で鏡を見ながら自分が良いと思える角度を見つけましょう。

□写真写りを良くするために抑えておきたいポイントとは

1つ目のポイントは、顔の角度を変えることです。
写真撮影の時、正面から写真を撮影していると顔のアンバランスさが目立ち、かっこ悪く見えてしまいます。
ポイントは、左右のどちらかの顔を少し前に向けて写真をとることです。
ちなみに、右側から撮影すると、知的でクールな印象になり、左側からだとかわいくて優しい印象になります。

2つ目のポイントは、他人の研究をすることです。
先ほどは、鏡を見て自分に合った角度を探すことについて書きました。
ただし、自分を見るだけではどうしても最適な角度を見つけることは難しいですよね。

そのときは、雑誌なSNSを見てモデルを研究して、ポーズを真似てみましょう。
口の開け方や顔の角度、姿勢など、勉強できるところはたくさんありますよ。

3つ目のポイントは、姿勢を正すことです。
後ろの壁にもたれかかることや、猫背での写真撮影は身長が小さく見えて、だらしない印象の写真になってしまいます。
背が高く、かつリラックスしているように見せるコツは、片側の足をもう片方の足の後ろに置いて、少しだけ後ろに寄りかかることです。
また、胸を張ってお腹をへこませることによっても綺麗な姿勢に見えます。

4つ目のポイントは、顔をこわばらせないことです。
どうしても写真撮影をするときに笑顔になれず、こわばった顔になってしまうことはありませんか。
この場合は、シャッターを押す前にカウントダウンをしてもらいましょう。

いつシャッターを押されるのかわからない状態で自然な笑顔を作り続けることはどうしても難しいですよね。
ずっと同じ表情をキープし続けることはとても難しいです。
そのため、カウントダウンをしてもらうことでシャッターを押す瞬間に合わせて笑顔を作りましょう。

□まとめ

今回は、写真写りを良くするコツとアドバイス、押さえておきたいポイントについて詳しく解説しました。
コツは口元の緊張をほぐすことや、自分や他人を研究して理想のポースや角度を探すことです。
レンズから視線を外し、自然光を取り入れることもコツです。
この記事を参考にして理想の角度、ポーズを見つけてください。

ミディアムヘアの方必見!ドレスに合う髪型やアクセサリーの取り入れ方を解説!

どのようなアクセサリーや髪型が合うのか、わからなくて困っているミディアムヘアの方は必見です。
今回の記事では、ミディアムヘアの方に向けて、ドレスに合う髪型やアクセサリーのうまい取り入れ方を解説します。
これから結婚式や成人式の二次会で、ドレスを着る機会がある方は、是非参考にしてください。

□ドレスに合うミディアムのヘアアレンジを紹介します!

*三つ編みでのアップヘア

まず、トップの髪を取り分けてから、三つ編みを作ります。
そのあと、おろしている残った髪を片側に寄せて三つ編みしたら、髪を少しずつ引き出してニュアンスをつけてあげます。
次に、トップの髪で作った三つ編みの上にそのあと作った三つ編みを交差させるように上に持っていきます。
交差させた三つ編みの毛先を、襟足あたりで内側にしまい込むように丸めてピンで固定させ、カチューシャをつけたら完成です。

*くるりんぱで作るシニヨンアレンジ

まず、耳上の髪を後頭部あたりでゆるくまとめ、ゴムで結んでハーフアップを作ります。
次に、ハーフアップの右端でくるりんぱをし、同じように今度は左端でくるりんぱをします。

そのあと、まとめた髪を少量ずつ引き出してニュアンスをつけ、くるりんぱした毛束と残っていた髪をひとまとめにして、左右どちらかに寄せてゴムで結びます。
まとめた毛束をお団子にし、横に広げるようにして幅をもたせたら両端を襟足で固定すれば完成です。

*バックカチューシャを使用した三つ編みお団子アレンジ

まず、髪を両サイドと後頭部で3等分したら、後頭部の髪をクリップで仮留めしておき、両サイドの髪でそれぞれ軽く三つ編みを作ったら、ゴムで結んでおきます。
次に、両サイドで作った三つ編みを外側に向けてそれぞれロールアップをして、ピンで固定してお団子を作ります。

そのあと、仮留めしてあった後頭部の髪を三つ編みにし、今度は内側に向けてお団子を作り、両サイドで作ったお団子の間に来るようにピンで留めておきます。
これらをまとめた上にバックカチューシャをつけて、トップの髪を軽く引き出してバランスを調整したら完成です。

□ドレスにあったヘアスタイルの重要性を解説します!

せっかくヘアスタイルがバッチリでも、ドレスとの相性が悪ければ台無しになってしまいます。
そのため、全体のバランスを意識してヘアスタイルを考える必要があります。
これから相性の良いドレスにあったヘアスタイルをいくつか紹介します。

まず、前髪ありで編み下ろしたヘアスタイルと、ロングワンピースです。
ふんわりとした編み込みがナチュラルな雰囲気を出し、清楚な印象を与えます。
ちょっとした肌見せをすれば、重たい印象を取り除けるので、首回りや手首、レースの裾などを意識してみると良いですね。
また、ワンピースを主体とするコーデであれば、アクセサリー類は無しにするとバランスを取りやすいです。

次に、ワンレンとブラックドレスの組み合わせです。
低めにお団子を作ることで、落ち着いた印象に見せられるため、大人の女性を演出できます。

ヘアアクセサリーを使用しないシンプルなヘアスタイルの場合は、ネックレスやピアスなどのアクセサリーを使って華やかさをアップさせると良いでしょう。
ブラックドレスは、上品さと女性らしさを際立ててくれます。

最後に、黒髪ショートボブに外ハネでアクセントを加え、ピンクワンピースで大人の可愛らしさを演出したコーデです。
落ち着いた色味のピンクワンピースに組み合わせると、大人可愛い印象になります。
黒髪に合わせた小物やパンプスを身につければ、大人っぽい雰囲気になり、全体のバランスを引き締めてくれます。

□ヘアアクセサリーの上手な使い方を紹介します!

「リボン」を使用してハーフアップを仕上げれば、お嬢様風のアレンジにできます。
高級感のあるベロア生地のリボンを使用すれば、さらに気品高い雰囲気になりますね。

「ドライフラワー」のヘアアクセサリーを使用し、ラフなひとつ結びをすれば、雰囲気のあるヘアスタイルになります。
結婚式では、花嫁とかぶるような花モチーフのヘアアクセサリーの使用は避けた方が良いですが、ドライフラワーなら花モチーフも大丈夫です。
しかし、あまり大きくて目立つものであれば避けた方が良いので、髪の下の方でまとめる程度のものを使用するように注意しましょう。

「パール」のヘアアクセサリーは、どんな格好や年代の方でも相性が良いのでオススメです。
例えば、大人っぽいドレスや可愛らしいワンピース、20代や40代の方にも幅広く使用できるパールのヘアアクセサリーはとても万能です。
これひとつでだいぶ応用が利くので、持っていくと便利でしょう。

「クレセントコーム」も幅広い年代に向け活躍するヘアアクセサリーです。
お団子にクレセントコームを飾れば、今っぽいおしゃれな雰囲気を醸し出してくれます。
また、付ける位置によっても雰囲気が変わるアイテムなので、着用するドレスや自分にあった位置で使用してもらえると良いでしょう。

□まとめ

ミディアムヘアの方へ向け、ドレスに合う髪型やアクセサリーの取り入れ方を解説しました。
自分に合ったヘアスタイルやアクセサリーを使用して、より美しい自分を演出しましょう。
Maiでは、東海地区最多数の振袖だけでなく、ウェディングや二次会ドレスのレンタルも行なっているので、是非ご利用ください。

前撮りで可愛く写るポイントとは?ポーズの例やコツをご紹介!

人生で一度しかない振袖姿の前撮りで、絶対失敗したくないですよね。
「できるだけ可愛く撮ってもらいたい」とお考えの方も多いでしょう。
今回の記事では、前撮りで可愛く写るポイントを紹介します。
前撮りを控えているという方は、ぜひ参考にしてください。

□前撮りの笑い方について紹介します!

笑い具合をうまく調節すれば、自分らしさをより演出できます。
カメラ目線での笑顔は、ご家族の皆さんにも一番喜ばれる表情です。

普段通りの笑顔で可愛らしさを演出したり、口を開かずに唇だけを開ければ、歯を見せるような笑顔になり、すっきりとした印象を与えられます。
また、少し笑顔は抑え気味に目をパッチリと開けることを意識した笑い方は、写真向きな笑顔になりますね。
同じポーズでも、少しずつ自分でアレンジを加えていけば、より素敵な自分に出会えるかもしれないので、色々試してみることをオススメします。

少し目線を逸らして笑えば、大人っぽさを演出できます。
普段とは違う装いだからこそ、変化をつけて撮ってもらえば、他の写真と比べても違った良さを演出できますね。
目線の向きを変えてあげれば、儚く大人っぽい表情を引き出せ、成人としての雰囲気が漂うのでオススメです。

□ポーズの際のポイントを紹介します!

振袖で立つ際には、綺麗に撮ってもらうためのポイントがいくつかあります。
内股気味でかかとを握りこぶし1つ分隙間を開け、つま先は揃えて八の字型を意識してたちます。
ピンと背筋を伸ばし、顎を引いてお腹に軽く力を入れてあげるのがポイントです。

振袖は、身体の凹凸をなくすためにタオルなどを使用して着付けをすることもあり、そのような場合では真正面を向いて撮ると太って見える可能性があります。
そのため、撮影時は斜め前の方向を意識するとシルエットがすっきりとして、振袖の柄も綺麗に見せられます。
上前の柄を綺麗に見せるために、足を軽く引いて、30〜40度くらい斜めを向くと良いですね。

カバンやショールといった小物を活用すると、ポーズに幅を持たせられます。
前撮りでは、成人式当日には使用できない小物を自由に使って撮ってもらえます。
例えば、ふんわりとしたショーツを使用すれば華やかさやゴージャスさを表現できる上、小顔効果も期待でき、さらに白っぽいショールであればレフ板効果も期待できます。
逆に、ボリュームが抑えめなショールであれば、成人らしい大人っぽい雰囲気を出せるため、演出の幅が広がります。

スタジオでは、撮影ルームや背景に合わせたテーマの小物のレンタルサービスを行っている店舗も多い傾向にあります。
自分の好みに合わせて自由に組み合わせが可能なので、バランスよく選べると良いですね。

また、友人と一緒に撮るときはシンプルなポージングを意識すると良いでしょう。
振袖は、それだけで十分な存在感があるため、複数人が重なり合って撮影するとごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。
それゆえに、振袖同士が邪魔をし合って、目がチカチカすることもあります。
友人と写真を撮るときは、シンプルなポージングを意識して臨むことで、お互いの振袖の良さを際立たせて撮れるでしょう。

また、お揃いの色やさまざまな種類の小物を身につけて写真を撮れば、仲の良さが伝わる素敵な写真になりますね。
前もって友人と相談して、揃えてみると良いでしょう。

□ポーズの例を紹介します!

まず、両手で袖の端を持ったポーズです。
腕を開くことで、綺麗な振袖の柄をしっかりと見せられます。
シンプルながらも、とても華やかな雰囲気を出せるのでオススメです。

次に、小顔効果が期待できる顔に手を添えたポーズです。
それだけでなく、手を顔まわりに持っていくと、大人っぽい雰囲気を演出できます。
ネイルをしている方であれば、一緒に綺麗に撮ってもらえるので、チャレンジしてみると良いでしょう。

少し視線を外してはんなりポーズをすれば、大人の女性を感じさせられます。
あまり大胆なポーズをするのが苦手という方でも、少し目線をずらして撮ってもらうだけでも大人っぽいイメージに写るので、試してみると良いでしょう。

また、自分では撮るのは難しい帯や髪飾りを見せるポーズもあります。
お気に入りのものがあればしっかりと見える写真になり、晴れ舞台ならではのとても華やかな印象を与えられます。
帯のアレンジをしていればしっかりと写せますし、振り向いて撮るなどアクセントを加えれば可愛く写りますね。

最後は、とびきりの笑顔でのポーズです。
表情や難しいポーズに挑戦しようとすると、緊張して強張ってしまい、自分の良さを最大限引き出せない可能性もあります。
せっかくの振袖姿での撮影なので、シンプルにとびきりの笑顔で撮ってもらうと楽しい思い出になるでしょう。

□まとめ

前撮りで可愛く写るポイントを紹介しました。
同じ目線や角度だけでなく、色々と自分で試してみると、素敵な自分に出会えるかもしれませんね。
Maiでは、東海地区最大の4000着の振袖をご用意しているので、自分好みの1着をお選びいただけるでしょう。
振袖レンタルをお考えの方は、ぜひご利用ください。

前撮りまでにすることとは?準備やポイントについて解説します!

前撮りをするにあたって、「当日までの準備や何に気をつければ良いか分からない」という方も多くいらっしゃるでしょう。
今回の記事では、前撮りまでにしたい準備やポイントについて解説します。
これから前撮りを控えている方は、ぜひ参考にしてください。

□前撮りの準備で必要なポイントを解説します!

前撮り前の準備に関しては、スタジオの方から説明があるでしょう。
そのため、深く考える必要はないかなとお考えの方が多いかもしれませんが、できるだけ後悔の残らないように、準備をした方が良いでしょう。
衣装や撮影関係以外でも、自分から前もって準備できることはたくさん存在するので、必要なポイントをいくつか解説します。

まず、準備はなるべく早く行っておくのが得策です。
衣装の下に着る肌着類は、前撮りの準備でよく言われる項目の一つであり、自分で準備する必要があります。
これ以外にも、撮影の際に使用する小物の準備、一番綺麗な状態で撮ってもらうためのご自身のコンディション管理など、考えることは様々です。

また、前撮りに関してわからないことや質問したいことがある場合も考えられます。
直前になって準備不足が明らかになり、追いつかない場合には、せっかくの前撮りが台無しになってしまう可能性もあります。
そのため、前撮りの日程が決まったら、できるだけ早くから準備をしておけば、不測の事態が起きたとしても、落ち着いて対処できるでしょう。

また、前撮りを依頼する業者とのコミュニケーションはとても重要です。
準備を進めていく中、スタジオの方で準備してくれるものや追加料金がかかるもの、スタジオで使用できないものなど、様々なことが判明していきます。
せっかく前撮りのために準備していたことが、当日になって使えないことがわかったらショックですよね。

そのため、撮影業者としっかりコミュニケーションをとることが大事ですね。
「どのような準備をすればいいのか」や「プラン内で何ができるのか」などは、事前に聞いておくと良いでしょう。
撮影時に何かが足りずに借りる方や、プランに含まれていないものをオプションとして追加して、予算オーバーしてしまったという方もいらっしゃいます。
そのため、これから前撮りを控えている方は、ぜひコミュニケーションは十分とるように心がけましょう。

□当日までの準備を解説します!

前述したように、肌着や小物などは自分で用意する必要があります。
特に、当日持っていくと便利なものは「手鏡」と「お金」です。

屋外で撮影をする場合、近くに鏡があるとは限りませんよね。
前髪が気になったり、メイクを直したいときに、手鏡があるととても便利です。
また、撮影が長時間にわたって行われる場合には、少しお腹が減りますし、喉が渇いてしまうかもしれません。
多少お金を持っておけば、食べ物や飲み物を購入できるのでオススメです。

美容に関しても気にしたいですよね。
せっかくの撮影で、できるだけ綺麗に撮ってもらいたいと考えるのは当然でしょう。
当日までにできる美容のポイントをいくつか紹介します。

まず、ヘアメイクは自分のイメージしている写真などをメイクさんに見せるとスムーズに伝わります。
また、店舗側から「髪には何もつけずに来てください」と言われることがあります。
そのため、自分でこだわりがあって家でメイクしたい場合には、どこまでやっていいのか事前に聞いておくと良いでしょう。

肌のお手入れでは、男性女性問わず、シェービングしておくと綺麗に写ります。
振袖を着る女性は、顔だけでなく背中や手、足にも注意を向けましょう。
男性は、髭を剃るのはもちろんこと、手や指の毛まで剃っておくと写真写りが良いでしょう。

体調管理もしっかりと行う必要がありますね。
前撮りに向けてダイエットをする方もいますが、無理にしすぎると顔色が悪くなりますし、体調を崩すなんてこともあるかもしれません。
そうなっては、せっかくの前撮りも台無しです。
万全な体調で臨めるよう、前日は特に気をつけて過ごしましょう。

□特に目立つ整えておきたいポイントを解説します!

シェービングの際、自分ではなかなか手が行き届かない部位がありますよね。
前撮りで和装をする際、できるだけ綺麗に写るためにエステで施術を受けるのがオススメです。
エステで整えておきたい箇所がいくつかあるので紹介します。

まず、「うなじ」は髪型がアップスタイルになる方も多いので、産毛の処理などに気をつける必要があります。
そこまで産毛が気にならないという方でも、エステで整えてもらうと綺麗に写りますよ。

「顔」も同様で、白粉を塗る場合には、産毛があるとあまり綺麗に見えません。
産毛以外でも、スキンケアは大切で、肌荒れしているとどうしても目立ってしまいます。
普段から肌の手入れを怠らないことも大切ですが、エステで万全な状態を整えて臨むと安心なので、前もってエステに通っておくと良いでしょう。

また、あまり意識されない「手」も大切です。
前撮りでは、手が写る撮影も多いので、完成した写真を見て後悔することもあります。
毛の処理だけはなく、肌のキメも整えておくよう、集中ケアをしてもらうと良いでしょう。

□まとめ

前撮りまでにするべき準備やポイントを紹介しました。
Maiでは、振袖レンタルで着付けやヘアメイク、多ショット撮影が無料で行えます。
前撮りをお考えの方は、ぜひご利用ください。

和装のときのヘアアレンジはどうする?前髪なしのアレンジを解説!

特別な日のヘアアレンジは、自分に合ったものを選びたいですよね。
和装の際は、特にお悩みの方が多いのでないでしょうか。
今回の記事では、振袖にぴったりな前髪なしのヘアアレンジについて解説します。
これから成人式などを控えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

□前髪がない髪型のメリットを解説します!

まず、前髪なしの場合は大人っぽい印象を与えられる点が良いところです。
前髪を上げておでこを見せるだけで、普段とは違った雰囲気を演出できます。
特に、丸顔で普段から子供っぽくみられがちという方にはオススメです。

次に、清楚感を保てる点です。
時間が経つにつれて髪型が乱れたり、汗や顔の脂によって前髪が濡れてべたつくといった悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
もし前髪がない髪型なら、これらの心配はありませんよね。
汗をかいた時にも、ハンカチなどで軽く拭けば、何も問題はありません。

また、上品さをキープできる点もあります。
前髪があると、ついつい気になって何度も触ってしまうことが多々あるでしょう。
せっかく綺麗な和装姿をしているのに、前髪で気が散っていてはもったいないです。
着物と綺麗な仕草はワンセットなので、上品さを意識できるよう注意しましょう。

□前髪なしのヘアアレンジ例を紹介します!

まず、かきあげ前髪風アレンジです。
大人っぽく見せられるだけでなく、固め過ぎないようにすれば小顔効果も狙えます。
髪が短めな方やボブスタイルの方でも取り入れやすいヘアアレンジでしょう。
カジュアルな印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、和装とも相性はバッチリです。

立ち上げる前髪のボリュームを抑えれば、清楚な印象を与えられます。
また、後ろの方は編み込みにすれば、振袖にぴったりなすっきりとした印象になりますね。
ショートヘアとも前髪のかきあげは相性が良いです。
ボリュームのあるヘアアクセサリーをつけても、ヘアアレンジ自体のボリュームが少ないので、浮かずにとてもなじむのでオススメです。

前髪が長めの方であれば、センター分けをしてポップな印象にできます。
さらに、フェイスラインが隠れて縦のラインが強調されるので、丸顔の方には特にオススメのヘアアレンジです。
華やかな振袖でなくても、髪型がポップなおかげで暗くならずに済むので、落ち着いた色味の和装がしたい方には良いですね。

また、長めの前髪をすっと流せば、大人っぽいヘアスタイルに仕上がります。
はっきりとしたメイクが際立ちますね。
振袖が派手で柄が多い場合は、髪型はシンプルにしてバランスをとると、ちょうどよくなります。

前髪を後れ毛っぽくサイドに流すヘアスタイルは、小顔効果が期待できます。
少量取ることで、ぬけ感を演出できるのでオススメです。
シンプルにまとめてヘアアレンジをしたいという方には、相性抜群なので良いですね。

また、前髪ありの方でもできる、編み込みアレンジはスッキリした印象で可愛らしいです。
大きく編み込みをすれば、周りからの目を引く華やかな雰囲気を演出できます。
振袖をシンプルにしようとお考えの方は、華やかなヘアアレンジをすれば、バランスが取れるでしょう。

少量の前髪をとって編み込みをするヘアアレンジは、子供っぽいあどけなさが演出されます。
髪が長くないショートやボブスタイルの方でも、チャレンジできるヘアスタイルなので良いですね。
よりあどけない可愛い雰囲気を出したいという方には、耳の前から少しだけ後れ毛を出すのがオススメです。

□オールバックの髪型を詳しく解説します!

レトロ可愛い印象になるのが、オールバックアレンジです。
すっきりと髪をまとめ上げることで、シンプルながらも可愛らしいヘアアレンジになり、レトロでおしゃれな雰囲気も演出できます。
おでこが出ることによって、明るく華やかな印象になりますね。

トップにボリュームを持ってきたアレンジであれば、あどけない可愛らしさを演出できます。
しかし、前髪を上げていることで可愛くなり過ぎずに、大人っぽい雰囲気を出せるのでちょうど良い可愛さになります。
後れ毛を出せば、寂しくなりがちな顔まわりにも華やかさを残せるので良いですね。
レトロな柄の振袖との相性も良いので、オススメです。

また、ハーフアップをすれば、顔まわりも華やかになって明るい印象になります。
どんな髪の長さの方でもできるヘアスタイルなので、ふわっと巻いて可愛らしく仕上げると良いでしょう。
和と洋を掛け合わせたスタイルは、二次会でもウケが良いヘアアレンジです。
前髪をきっちりとまとめてあげるのは、前からだとシンプルに見えますが、きっちりすることで振袖とも相性抜群です。
ヘアアクセサリーを駆使するとバランスが取れるので、特別感が出るティアラなどをつけてみると良いでしょう。

□まとめ

和装の時の前髪なしヘアアレンジについて詳しく解説しました。
ヘアアレンジによって雰囲気をガラッと変わるので、自分の理想と照らし合わせて素敵な自分を作り上げましょう。
Maiでは、レンタルした振袖を店舗内で着付けし、ヘアメイクも可能です。
自分では心配という方も安心なので、ぜひご利用ください。

振袖レンタルをお考えの方必見!体型に合った振袖の選び方についてご紹介!

この記事をご覧の皆さんは
「自分に似合う振袖が知りたい」「体型に合った振袖はどのように選べば良いのだろう」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで、今回は体型に合った振袖の選び方や振袖のサイズについて解説します。

□体型や身長に合った振袖の選び方についてご紹介!

成人式に着る振袖は自分にピッタリ似合うものを着用したいですよね。
ご自身の好みのデザインや色を選ぶこともとても重要ですが、体型に合った振袖を着るとより美しく見えるのも事実です。
ここでは皆さんがより魅力的になるように、体型に合った振袖の選び方について紹介します。

1つ目は背の高い人の場合です。
背の高い人は大きな柄や全体的に柄が入っているものを選ぶと良いでしょう。
小さい柄の場合、全体的に寂しい印象になりますが、大きい柄だと背の高い方が持っている堂々としたオーラを出せます。
また色は濃い目の方が似合うと言われています。

2つ目は小柄な人の場合です。
小柄な人の場合、小さな柄の物や細いデザインのものを着用するとすっきり見えておすすめです。
また小柄の方が持つキュートな印象を与えるためにピンク系などの明るい色の振袖を着ると良いですね。
ただ与えたい印象は人それぞれなので、ご自身の与えたいイメージに沿って選ぶと良いでしょう。

3つ目は瘦せ型の人です。
膨張色であるパステル調の淡い色やボリューム感のある柄を選ぶとふんわりとした印象を与えられますよ。
あえて濃い目の色を選んでスタイリッシュに着こなすのも1つの手ですが、ふんわりとした雰囲気を醸し出したい方は淡い色を選んでみてはいかがでしょうか。

4つ目はぽっちゃり体型の人です。
上の淡い色とは反対に濃い目の色は収縮色なので、着ることですっきりとした印象を与えられます。
ストライプや斜め柄のものを取り入れるとさらにすっきりとして見えるのでおすすめです。

以上が体型に合った振袖の選び方でした。
自分の体型をコンプレックスに思うのではなく、その体型を活かすという視点で振袖を選ぶことが理想的です。

また身長や体型以外にも自分に似合う振袖の選び方にはいくつかのポイントがあります。
3つのポイントについても解説しますね。

1つ目は肌の色で選ぶことです。
日本人は黄色人種なので、黄味がかった肌の方が多いですが、中には黒い色の方や白い色の方もいらっしゃいますよね。
色にも肌なじみの良し悪しがあり、肌に合わない色を選んでしまうと顔だけが浮いた印象になってしまいます。
肌の色で選ぶ際はイエローベースとブルーベースという2つの色の種類に応じて選ぶとスムーズでしょう。

2つ目はなりたいイメージやこだわりから振袖を選ぶことです。
カタログや画像を見てなりたいイメージを明確にしてから振袖を選ぶのも1つの手です。
たくさんの種類の振袖を見る中で自分のこだわりや理想とする振袖を明確にしておくことで、実際振袖を選ぶ際もスムーズにデザインが絞れるでしょう。

□自分にピッタリな振袖はどう選べば良い?

振袖を選ぶ際はサイズ感が重要な要素となります。
特にこれからご紹介する3つのサイズは特に重要なので、振袖を選ぶ際は意識するようにしましょう。

1つ目は身丈です。
身丈とは首を包む部分である肩山から足首にかかる裾までの長さのことです。
また身丈はおはしょりという帯の下の折り返し部分の長さも計算してつくられています。
着付けた際の振袖の長さを着丈と言いますが身丈と着丈は混同しやすいので、記載されているサイズを見る際に注意してくださいね。

2つ目は裄丈です。
これは腕の長さのことを言い、着物の場合は背中の中心から袖口の長さのことを言います。
目安は手のくるぶしが隠れるくらいです。

3つ目は袖丈です。
これは振の長さのことで、つまり振袖を着て両手を広げた際に下まで垂れた振のことを指します。
具体的には袖の一番上の袖山からたもとまでの寸法のことです。

以上が振袖の3つの重要な寸法についてでした。
振袖を選ぶ際にこれらの寸法を意識することで、自分にピッタリ似合う理想の振袖が見つかるでしょう。

□振袖のサイズが合わないときの対処法をご紹介!

振袖をレンタルする際はしっかり採寸してからレンタルするので、サイズが合わないという問題はあまり起こらないですが、万が一起こってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。
ここではもしもの場合に備えて対処法をご紹介しましょう。

サイズが合わないときの対処法として最も有効的なのが仕立て直すことです。
袖丈が長すぎる場合は袖丈を詰めたり、身丈が短すぎる場合は丈出しとスジ消しで対応可能です。
洋服と違って生地に余裕があるので、多少サイズを変更することは比較的容易なのです。

□まとめ

この記事では、体型に合った振袖の選び方や振袖のサイズについて解説しました。
背の高い人や小柄な人などそれぞれの体型を美しく見せる振袖があるので、選ぶ際は上記の点を意識すると良いですね。
この記事を振袖レンタルの参考にしていただけると幸いです。